ソニーアクションカムFDR-X3000の設置場所
2017年10月15日 -  コメントなし

バイク映像を撮るためにソニーアクションカムFDR-X3000を購入。

さて、どこに付けるべきか。

いや、どこに付けれるのかを検討してみた。

YoutubeでバイクV-Log映像を見ると大きく分けて3パターン。

①ありきたりの前方映像 ②自撮り映像 ③車体の一部を入れた迫力感・臨場感の映像。

①はヘルメットしかない。設置場所が一番高いので俯瞰に近い映像になる。しかも体の中でもっともブレにくい場所。

②はハンドルマウントで唯一のまっ平な場所がETCの上しかない。ここで決まり。

③はリヤタイヤとスイングアームを画角にいれて撮りたいのでタンデムステップに決まり。

ということでアリババで仕入れたマウントベースをそれぞれの場所に張り付けてみた。

ヘルメット

ETC

タンデムステップ

どんな映像がとれるのか。楽しみです。

コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

オフ系タイヤへ交換
ミシュランデザートパターンでお気に入りだったミシュランT63が廃番にになり 買い置きしておいたのですが、...
アクションカムの風防(ウィンドジャマー)
アクションカムをバイクに積載すると風切り音が凄い。 これを少しでも緩和するためにマイク部分にウィンドジャ...